140字で語れないつぶやき…夫婦は似るのか

今朝玄関先で両親が、近くの公民館に車で行くか歩いて行くかということについて喧嘩をしていて、母が父に対して「私がどう行こうといいでしょ!いちいちそんなこと指図しないで!」と怒っていました。今日は風が強いので、父は母のことを心配して「車で行けばいいじゃないか!」と迫ったようですが、母は「大丈夫だって言ってるじゃない!!!」とお互い頑なでした。
確かに父は昔からこうです。極度の心配性なのでちょっとした本当に些細なことに細かく口を出してきます(口だけ出して行動が伴わないところが私は大嫌いなのですが)。例えば、父は体調を崩すと「なんで風邪ひいたんだ!」と怒ります。心配ゆえの発言とは分かっているのですが、とにかく体調を崩すことに関してはうるさい。「マスクをしろ」「マフラーをしろ」「(母屋と離れとの少しの間でも)上着を着ろ」「暖かい格好をしろ」といちいち言ってきます。自分はしないくせに。これらのことをすれば風邪をひかないと思っていることも、安易だな…と私は辟易してしまうのですが。


でも、「お母さんもそういうところあるよ……」とは母には言えなかった…。

両親は性格が正反対なんですが、長く一緒にいると似るのか、自分の考えを押し付けるということに関してはまるで同じ。
しかも、

その1
親「外出するときはマスクしなきゃダメだよ」
私「えーやだ、意味ない、必要ない。」
親「マスクしなきゃダメだよ!!」

その2
親「外出するときはマスクしなきゃダメだよ」
私「してるよ」
親「しなきゃダメだからね!!!」

というように、私がイエスと言ってもノーと言っても自分の主張を押し付ける、というところまで一緒。

ちなみに母は、
「妊婦なんだからソファには優しく座りなさい。」
「玄関の鍵を開けるときはきちんと靴を履いて、靴を踏んだら転ぶかもしれない、危ないから!」
「スカートの下はタイツじゃなくてズボンにしなさい。」←今臨月のため、ほとんどワンピース&マタニティ用タイツやレギンスを履いている。
などなど、基本は私の体を心配してのことですが、これらの些細な指示を無視すると毎回言ってきます。

毎回反論するのが面倒くさいので、もうこちらがこだわりのないことは母の前では素直に言うことを聞くようにしていますが。


もともとの性格は正反対なのに、やっぱり夫婦は長年一緒にいると似るんだな…と思った出来事でした。


ちなみに、このブログを書いていて、こんな両親の子どもである私も似たようなところがあると気付きました。
母は日が暮れてからテレビを見るとき部屋の電気を点けない(映画などを雰囲気出して見るわけではなく、ただ電気がもったいないという理由)ことが多いので、その姿を目撃すると私も「目が悪くなるから電気つけたら!」と言ってしまいます。でも毎回言われたら母も面倒くさいだろうから、もう言うのやめます。

…人のふり見て我がふり直せ!!!