赤ちゃん連れでハワイに行った時の話

遡ること1年以上前ですが、娘が生後7ヶ月くらいの頃、家族3人でハワイに行きました。ディズニーデビューより早かった…

 
ディズニーに連れて行ったときの話にも書いたけど、「子どもが小さいうちからいろいろなところに連れて行ってあげよう」という考えは夫婦で一致していたので、子連れでも楽しめそうな旅行先ということでハワイを選びました。
f:id:g_pachira:20150217181114j:plain
 
 
日程&飛行機
日程は12月、天皇誕生日を挟んでクリスマスに帰国するくらいの3泊5日。
日本⇔ホノルル間の飛行機は大韓航空を利用。仕事納め前だからでしょうか、ガラガラでした。
当時7ヶ月の娘が一緒だったので、eチケットが発券された時点で航空会社に電話してバシネット席を確保しました。バシネット席は壁に付けるため必然的に目の前が壁の席になります。確か3席・4席・3席の飛行機だったと思うのですが、行きは真ん中の4人掛けの席でお隣さんはいない状態でした。帰りの便では「バシネットはキャンセル待ち…かも?」みたいな感じのことを言われたため混んでることを覚悟していたのですが、乗ってみたらガラガラ…窓際の3人掛けの席で、隣の席も通路を挟んで隣も空いていました。
行きは飛行時間7時間弱でしたが、深夜に飛ぶこともあって、たっぷり寝てもらえるようにお昼寝や食事、成田空港での遊びを調整していたのですが、娘も興奮していたのかバシネットではなかなか寝ず…後ろの席や通路を挟んで隣の席には他のお客さんもいたので、かなりの時間抱っこしながら寝せていたと思います。しかも2回したうんちが2回とも漏れてお着替えをしなければなりませんでした…。もちろん着替えは用意していましたが、うち1着は日本で着ていたロンパースだったのでちょっと厚手で…娘は暑かったと思います。
一方帰りは飛行時間10時間弱でしたが、離乳食も寝るのもタイミングバッチリ!ほとんど寝ていましたが、起きているときもバシネット席で遊んでくれたので、私自身もゆっくりすることができました。

f:id:g_pachira:20150218092213j:plain

 
まだ母乳をあげていた時期(混合でやっていました)だったのでもし娘がグズったら母乳でなんとかするつもりでしたが、騒いでどうしようもないときのために娘お気に入りの動画(ふかふかかふかのうた)を機内モードでも見られるようにしておきました。行きの飛行機では2回ほど見せた気がします。あとはオフラインでもできるアプリなどを事前に入れておきました。
ちなみに、子連れということで、行きはぬいぐるみ、帰りはお絵描きセットのオモチャを貰いました。うちはまだそんなに興味を持ってませんでしたが、他のお子様たちは遊んでいたようです。
 
機内食は、大韓航空で人気のビビンバを!美味しかったです!選べるときはビビンバをお願いしていました。ビビンバ以外の機内食は普通でした…。
 
娘には瓶の機内食をいただきました。行きはキューピーのものでしたが、帰りは見たこともない英語の瓶だったのでたぶんアメリカ製の離乳食。豆とかラフランスの離乳食でした。美味しかったのかな……

f:id:g_pachira:20150218091022j:plain

 
 
ホテル
ハワイではホノルルでゆっくりするのが目的だったので、メインストリートのカラカウア通りに近くて日本語スタッフもいるシェラトン・ワイキキ・ロイヤル・ハワイアンにしました。ホテル内にショップ、レストラン、プール、スパがあり、託児所もあるので、家族連れで気軽に楽しめるホテルだと思います。バスタブもあったので、娘をお風呂に入れるのも問題なくできました。
ビーチもすぐ目の前で、近くのABCストアで買った子ども用の浮き輪に娘を乗せて遊びました。娘は冷たい水に浸かるのがたぶん初めてで、慣れるまでは夫にしがみついて離れませんでした。
 
お部屋にはベビーベッドを用意してもらいましたが、日本のベビーベッドのような、柵が上下するようなものではなく、金属のただの檻みたいなものでした。深さもあって寝かしつけのが難しそうだったので、既につかまり立ちをしていた娘の遊びスペースとしました。夜は壁とベッドの間に入れてベッドガードとして使いました。

f:id:g_pachira:20150218092211j:plain 

ちなみにJTBを通じてシェラトンに泊まると、JTBのお客さん専用ラウンジがあるそうで、軽食やドリンクが全てフリーだそうですよ!

 
 
遊びに行ったところ
基本ホテルでのんびりし、食事やショッピングのためにカラカウア通りに出かける、という感じで過ごしましたが、ダイヤモンドヘッドには登りに行きました。娘はおんぶ。汗だくになりましたが、頂上からの景色は最高でした!
移動は、旅行代理店がマイナーなところだったので利用できる循環トロリーバスなどはなく、ワイキキトロリーもチケットが高いので、行きはタクシーで。図書館で借りた「地球の歩き方」によると、帰りはダイヤモンドヘッドのクレーターの内側から1人5$払えばワイキキトロリーに乗れるとのことなので、そうするつもりでしたが、どのトロリーバスに申し出ても「No! No ticket, no ride!」となり、結局帰りもタクシー。ホテル↔︎ダイヤモンドヘッドで片道12ドルくらいだったでしょうか。ちょっと古い地球の歩き方だったので仕方ないですね…ホテルに戻ってワイキキトロリーのパンフレットを調べましたが、そんなことは一切書いてなかったです。ちょっと焦った思い出です。
 
 
日本からの持ち物で気をつけたもの
  • 離乳食
離乳食が始まっていたので、娘の離乳食は日本から持っていったレトルト。基本は和光堂のベビーフードを。スプーンも付いているし、娘は食欲旺盛だったので量も多いものを、ということで選びました。

 

これは本当にお湯が冷めないので便利。離乳食を温めたりミルクを作るときのために持ち歩きました。帰りの飛行機では「もしかしたらミルクをあげるかもしれない…」と思い機内に持ち込みました。ミルク用と説明したら持ち込めましたが、手荷物検査でとても入念に調べられました…

 

  • 日焼け止め
日焼け止めはニベアの子ども用のもの。使い比べてないので他は分かりませんが、サラッとしていて良かったです。 
ニベアサン プロテクトウォータージェル こども用 SPF28 PA++ 120g

ニベアサン プロテクトウォータージェル こども用 SPF28 PA++ 120g

 

 

  • 水遊び用のおむつ
12月ということで、日本でも簡単には買えませんでした。当時は唯一アカチャンホンポにだけ売っていました。
グーン スイミングパンツ Mサイズ 女の子用 3枚

グーン スイミングパンツ Mサイズ 女の子用 3枚

 

 

レストランで子ども用の椅子があるか分からないし、ベビーカーで入店できないかもしれないし…と思い、用意して行きました。まだ上手に一人でお座りできなかったので、大人用の椅子に固定するというよりは、大人の体と娘を固定するために使用しました。しかしまだ活発に動く時期ではなかったので、普通に大人の膝の上に座らせるだけで事足りてしまい、ハワイでは最初の2回くらいしか使いませんでした。むしろ日本に帰ってきてから、外食するときなど、ベルトのない子ども用椅子のお店に行くときに使いました。娘は非常に落ち着きがなくて、ベルトがない椅子だとすぐ立ち上がってしまっていたので、重宝しました。

エイテックス キャリフリー チェアベルト ブラック 01-069

エイテックス キャリフリー チェアベルト ブラック 01-069

 

 

 
現地で調達したもの
水着はシェラトンの中にあるベビーショップで買いました。時期的に日本で水着が売っていなかったので仕方なく、ということもありますが、結果的にかわいい水着があったので良かったです。プールや海に行く前に市内の水着屋さんもいくつか見に行ったのですが、子ども用の水着もほとんどビキニ…まだおむつをつけているのに、これではおむつが見えちゃう!という感じだったので、ワンピースのものを選びました。
子ども用の浮き輪も現地で買いました。2.5$くらいの激安で、本当に良かった!

f:id:g_pachira:20150218092212j:plain

 

それから夫のサンダル…本人たっての希望で、island slipperのサンダルをホノルルに着いてすぐ買いに行きました。もちろん現地で履くため。レジで「このまま履いて行きます」と言って、なんとも満足気でした…
 
 
 
幸運なことに、3人とも体調を崩すことなく、お部屋からの景色は素晴らしくて、授乳期で私はお酒が飲めなかったけど食事はどれも美味しくて、街は日本人に限らず家族連れが多くて心強くて、気候も良くて、犯罪にも合わなくて、飛行機でも落ち着いて過ごすことができて、総じて素晴らしい旅ができました。高級レストランには行っていないので分かりませんが、私たちが行ったお店は子連れもベビーカーもOKなお店でした。
 
不安もあったけど、行って良かったです。また行きたいな〜