140字で語れないつぶやき…料理がんばる!!!

私は小さい頃から母や祖母の手伝いで料理をしていました。

忘れもしない、小学校1年生の時、明日から夏休み!という1学期の終業式の日、学校から帰ってきて、メロンを切ろうと思って指も一緒に切ってしまい、今もその傷が残っているというのが勲章になっています(笑)
 
学校の調理実習では「上手だね〜」と言われて鼻高々だったし、高校生の時や社会人になって実家暮らしをしている時は、早く帰宅した時は家族の分の夕飯を作っていました。
男ウケを狙って、「料理は得意なの〜」とか「家ではよくご飯作るよ〜」とか得意げに言っていたものです。
 
 
しかし、私はただの世間知らず、井の中の蛙でした。
社会人になって同僚の女性と飲んでいた時、ノリでその人の家に行って二次会することになったのですが、突然行ったにも関わらずアボカドとクリームチーズのおつまみが出てきた時に打ちひしがれ、
別の同僚の女性が「今度メンチカツ作ろうと思っていいお肉買ったんだ」と言ってきた時に「メンチカツは買うものじゃないんだ…手作りなんてすごい…」と思ってまた打ちひしがれ、
仲間で集まって友人宅で飲み会をした時、「私あんまり料理作れないから手伝ってね」と言っていた友人が豚の角煮with煮卵&ほうれん草のおひたしを作って待っていた時にまた打ちひしがれ、
娘の離乳食は作るのが面倒くさくて市販のベビーフードを大活用していたけど、Twitterでは離乳食の本に載るようなかわいい手作り離乳食やかわいい誕生日ケーキの写真がたくさん流れているのを知ってまた打ちひしがれ、
ネットを見れば、料理の専門家ではない普通の人がオシャレな料理をアップしている…。
 
思えば、私にできるのは炒め物や煮物、焼き魚など普通の家庭料理。レパートリーもそんなにたくさんあるわけではなく、大皿に乗せるようなおかずばかりです。
 
私の自信は薄っぺらだったということが分かり、ここ数年でその自信はぺしゃんこになりました。
私は決して料理が得意なのではなく、料理が苦手ではない。そう思うようになりました。
 
 
今、育児休暇中で時間も多少あるので、今のうちに料理を勉強して、レパートリーを増やしていこうと思います!今は料理の便利グッズもたくさん出ているし、短時間で効率よく美味しいご飯が作れるように、頑張ってトレーニングだ!!!
 
 
f:id:g_pachira:20141126194229j:plain
実家からレンコンを貰ったので、偏食な夫でも食べられるもの…ということでレンコンのはさみ焼きを。クックパッドで「レンコン はさみ焼き 簡単」で検索して作りました。とても大変でした。こんなに体力を消耗する料理は毎日はできない…と思ったけど、が、がんばります……。