性差別問題 どこまでセクハラ?どこまで許せる?

東京都議会でのセクハラやじに端を発したセクハラ問題。

国会や地方議会などの議会の在り方についてはとりあえずさておき、議会という公の場であのような発言をするというのは非常に勇気がいるのでは!だってまわりの人から「今の言葉はマズイんじゃないの〜?」と言われたり「やじとか言えちゃう人なんだ…」と思われたりするかもしれないし!とわたしなんかは思うのですが、議会に身を置いているとむしろそれが当たり前で「やじを言わなきゃ半人前」みたいな雰囲気があったりするんですかね。インターネットでニュースやコメントを見ていると、「やじを全面的になくすべき」「やじがあるから議論が活発になる」と相反する意見があるけど、結局のところ、これから議会という場所に身を置く人それぞれのモラルや信念次第なんだろうな、世間が何と言っても劇的には変わらないんだろうな、と思います。
 
わたしは今育休中で仕事を休んでいますが、たまーに職場に用があって行くと、多くの人が「このまま育休中にもう一人作っちゃいなよ、それがいいよ」と言います。わたしの職場に男性が多いせいもありますが、そのように言う人はほぼ自分に子どもがいるおじさんです。
女性の先輩(おばさんと言うよりは年の近い方、わたしはまだおばさんじゃない!笑)も「もう一人産んだら?」とか言ってきますが、女性で自分に子どもがいる方は職場復帰のタイミングや保育園に預けるタイミングなど諸々を考慮して、ご自身の経験からアドバイスをしてきます。してくださいます。
自分に子どもがいない女性の先輩でもいろいろ思うところはあるにせよ、「子育てしながらはいろいろ大変よね、自分のしたいようにしていいと思うよ」と優しく背中を押してくれます。
 
さて話は「このまま育休中にもう一人作っちゃいなよ、それがいいよ」と言ってくるおじさんに戻りますが、こういう男性はやっぱり子作りしたら子どもはすぐできると思っているんでしょうね。そして仮にできなければ女性の方に問題があるんだろうと思っているんでしょうね。
もしかしたらその発言は、「連続して育休に入った方が楽だろう」と気を遣ってくれたり、「中途半端に復帰されると人の配置が面倒だからいっそ長く休んでほしい」と職場本意の考えがあったりするのかもしれませんけどね。
わたしは幸いなことに1人子どもを産むことができたので、おじさんたちも安心してそんなこと言ってくるんでしょうが、仮にわたしが次の子どもを望んでもできなくて悩んでいたらとてもショックですよ。わたしはそう言われたら「コウノトリが来てくれたらそれもいいですね〜」と今は軽く流しています。流せる精神状態だからです。だから今までセクハラだとあまり思わなかったけど、これをセクハラと思う人も必ずいるはずです。
女性の中でも、子どもができなくて悩んでいることをオープンにする方と、そうでない方といるので、捉え方は人それぞれですけど、その人それぞれの捉え方を考慮して言ってほしい、それくらい妊娠・出産に関することはデリケートなんだとわかってほしいものです。
 
先日、結婚式で同期にたくさん会いましたが、自分に子どもが生まれたばかりの男性が他の既婚女性数人に「○○は子ども作らないの?子ども本当かわいいよ〜食べちゃいたいよ〜」と言いまくっていましたが、「こういう事情で作らないの」と言える人ばかりではないし、婦人科系の病気で悩んでいる人もいるし、まったくこいつは…と思ってしまいました。